EPAの筋損傷・筋肉痛緩和効果

EPAの筋損傷・筋肉痛緩和効果

EPA摂取8週間後に伸張性収縮と呼ばれる運動負荷によって筋損傷・筋肉痛を起こし、その後5日間に渡り状態を観察した試験では、EPAを摂取したグループは、摂取していないグループと比べて、筋肉痛の痛みレベルが大きく軽減し、筋肉痛からの回復が早まることが分かりました。
また負荷により低下する最大筋力を測定したところ、EPAを摂取することで筋力の低下を和らげ回復を早めるという結果が出ました。
更に負荷により制限される関節可動域を測定したところ、EPAを摂取することで関節可動域を維持するという結果が得られました。

■筋肉痛の痛みレベルが軽減

遅発性筋痛(VAS)の測定

遅発性筋痛(VAS)の測定

■最大筋力の低下を和らげ、回復を早期化

肘関節を90°に固定した状態で最大努力の筋力を測定

肘関節を90°に固定した状態で
最大努力の筋力を測定

■関節可動域を維持

関節可動域の測定

関節可動域の測定

試験内容
被験者:
24名の大学生男子
摂取内容:
魚油群(n=12):
EPA 600mg/日, DHA 260mg/日
プラセボ群(n=12):コーン油
摂取期間:
8週間+測定期間(5日間)
エクササイズ内容:
等速性収縮負荷装置を用いて
1セット6回の最大努力による伸張性収縮を5セット
を行った。その後5日間に渡り測定を行った。

筋肉痛・筋損傷とは?

筋肉痛(遅発性筋痛)は、運動後1〜3日で痛みのピーク、5〜7日で痛みがなくなるとされています。
筋肉痛は、伸張性収縮負荷といった運動による負荷が与えられることで、筋肉に微細な損傷が起きます。そして、その損傷を修復するために炎症が惹起され、血中IL-6やTNF-aといった炎症性サイトカインが増えることによって、痛みが起きることが分かっています。

筋肉痛・筋損傷とは?

EPAの筋損傷・筋肉痛緩和メカニズム

筋肉の損傷を抑え、
また筋損傷による炎症を抑える

運動負荷24時間、48時間後において、筋損傷の血中マーカーであるミオグロビン(Mb)、クレアチニンキナーゼ(CK)が上昇しましたが、EPAを摂取したグループはこの上昇を有意に抑制することがわかりました。このことは、EPAが筋肉の細胞の膜に入り込み、筋肉を保護し、筋肉の損傷を抑える働きがあるのではないかと推測することができます。

筋肉細胞の損傷物質の変化図表クリックで拡大表示

運動負荷後に上昇するIL-6やTNF-aといった炎症性サイトカインにおいても、EPAを摂取することで有意に抑制することが分かりました。
EPAには抗炎症効果があることが分かっており、筋損傷による炎症についても抑える効果が見られたのではないかと考えることができます。

炎症物質の変化図表クリックで拡大表示

試験内容
被験者:
30名の成人男性
摂取内容:
EPA 324㎎/日、DHA 216㎎/日
摂取期間:
30日間
運動内容:
40分間のベンチステッピング
(台の昇り降り)を実施した(5分間運動・
1分間休憩を7セット)

EPAを摂取することで、運動負荷による筋肉の損傷そのものを防ぐこと、また筋肉の損傷によって引き起こされる炎症反応を抑える抗炎症効果がみられました。この両方の効果によって、筋肉の損傷や筋肉痛を抑えることができるというメカニズムが推測できます。

EPAの筋損傷・筋肉痛緩和メカニズム