エビデンスガイド

NEWS

  • 2019/8/30 サイトをリニューアルいたしました。

脂質のはたらき

脂質とは油のことです。油と聞くと「肥満」などあまり良くないイメージを持たれる方も多いでしょう。
しかし、脂質は身体の中でとても重要な役割を担っています。

日々の活動のためのエネルギーをつくる(栄養素)/身体の構造を維持・再生するための原料となる(細胞膜の構成成分)/身体の機能を正常に維持あるいは向上するための物質になる(生理活性物質)

イメージイメージ

脂質の種類とEPA

脂質といっても常温で固まるものや固まらないものなどいろいろな性質の脂質があります。

大きくは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分類されますが、更に不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類され、多価不飽和脂肪酸の中でもn-3系、n-6系は身体の中ではほとんど作ることができないため「必須脂肪酸」と言われています。

EPA(エイコサペンタエン酸)はn-3系のひとつで、主に青魚に多く含まれます。

脂質の種類とEPA図表クリックで拡大表示

日本人に不足しているEPA

近年、食の欧米化などで、日本人の食習慣もいろいろと変わり、日本人の青魚の摂取量は減少しています。
厚生労働省は、日本人の食事摂取基準(2010年版)で18歳以上の望ましいEPA・DHA摂取量を1日1g以上としていますが、どの年代においてもEPA・DHAが不足していることがわかっています。
日本人は慢性的なEPA不足の状態なのです。

確かな科学的エビデンス

2012年に消費者庁が発表した「食品成分の機能性に関する評価モデル事業」において、n-3系脂肪酸であるEPA・DHAは機能性について明確で十分な根拠があると評価されました。

  • 心血管疾患発症リスク低減動脈硬化や狭心症、心筋梗塞など心臓や
    血管に関わる病気をおこりにくくします。

  • 血中中性脂肪低下作用メタボリックシンドロームの原因ともなる、
    血液中の中性脂肪を低下させます。

  • 関節リウマチ症状緩和自己免疫疾患の1つで、関節に炎症を起こす
    関節リウマチの症状をやわらげます。
    (抗炎症作用)

評価ランクの説明図表クリックで拡大表示

参考:消費者庁「食品の機能性評価モデル事業について」

EPAの歴史

EPAは約50年以上前から研究され、世界で認められている栄養素であり、
近年はスポーツでの効果も実績として注目されている。

1960年代 デンマークでの疫学調査でEPAの働きに注目 1970年代 千葉大学×ニッスイ EPA研究が日本でもスタート 1980年代 世界初!高純度のEPAの医薬品を開発 1990年以降 ニッスイ 医薬品から健康食品まで幅広く活用 1994年 リレハンメルオリンピック・ノルウェー選手の活躍でEPAに注目が集まる! 1996年 順天堂沢木特任教授らがEPAを利用した1万メートルトレーニング効果の研究を発表! 2000年以降 スポーツ分野でのEPAの効果について様々な作用機序が解明され始める 2013年 ニッスイ初のEPAスポーツサプリメント発表!