SPORTS EPA

  • 驚きのパフォーマンス
  • アスリート注目のEPAとは
  • EPAスポーツサイエンス
  • アスリートEPA体験記

EPAスポーツサイエンス | スポーツにパフォーマンスを発揮するメカニズムとは!SPORTS EPAの仕組みを科学的にひもときます。

PART3 EPAの抗炎症作用とスポーツによる痛みの緩和 | スポーツを続けていく上で避けることの出来ない痛み。EPAの抗炎症作用による筋肉痛や関節痛緩和について解説します。

  • PART1 EPAの持久力向上と疲労軽減のメカニズム
  • PART2 EPA摂取によるダイエット作用
  • PART3 EPAの抗炎症作用とスポーツによる痛みの緩和

POINT1 EPAが筋肉痛を緩和!!

痛みのレベルと経過時間の関連

EPA摂取することで、摂取しないグループに比べ、48時間後の「筋肉の痛みレベル」が大きく軽減し、筋肉痛の回復が早まりました。

被験者、摂取内容、運動内容について

POINT2 EPAが関節と筋肉への損傷を緩和!!

血液中の各種炎症マーカーの変化を測定した結果では、EPA摂取により、血中に現れる炎症物質は、あきらかに減少傾向にあり、また、筋肉細胞の損傷物質についても、発生量が抑えられています。

被験者、摂取内容、運動内容について

炎症物質の変化(1)、炎症物質の変化(2)、筋肉細胞の損傷物質の変化

その他動物実験での報告として

EPAはほかにも、スポーツ貧血の原因である、運動時のかかとで起こる赤血球の破壊を減少させるなど、スポーツに効果があります。EPAは痛みと戦う体に、重要な栄養素なのです。

EPAスポーツサイエンス

  • PART1 EPAの持久力向上と疲労軽減のメカニズム
  • PART2 EPA摂取によるダイエット作用
  • PART3 EPAの抗炎症作用とスポーツによる痛みの緩和